KADOKAWA発行の音楽情報誌『CD&DLでーた』より、みんなが選んだ「アニメソング」ランキングが発表されています。

【プレスリリース全文はこちらからご覧になれます】

調査対象となったのは、10代から30代の男女で、2016年7月初旬に実施されたとのことです。

回答者数 n=6956人で、設問は「あなたが好きな「アニメソング」を1曲教えてください。」というものとなっています。
順位:曲名/アーティスト名/アニメタイトル
1位:残酷な天使のテーゼ/高橋洋子/ 新世紀エヴァンゲリオン
2位:タッチ/岩崎良美/タッチ
3位:ムーンライト伝説/DALI/美少女戦士セーラームーン
4位:摩訶不思議アドベンチャー/高橋洋樹/ドラゴンボール
5位:CHA-LA HEAD-CHA-LA/影山ヒロノブ/ドラゴンボールZ
6位:サザエさん/宇野ゆう子/サザエさん
7位:ウィーアー!/きただにひろし/ONE PIECE
8位:Get Wild/TM NETWORK/シティーハンター
9位:おどるポンポコリン/B.B.クィーンズ/ちびまる子ちゃん
10位:ライオン/May’n/中島愛/マクロスF
11位:世界が終わるまでは・・・/WANDS/SLAM DUNK
12位:Butter-Fly/和田光司/デジモンアドベンチャー
13位:宇宙船艦ヤマト/ささきいさお/宇宙船艦ヤマト
14位:ドラえもんのうた/大杉久美子/ドラえもん
15位:アンパンマンのマーチ/ドリーミング/それいけ!アンパンマン
16位:魂のルフラン/高橋洋子/新世紀エヴァンゲリオン
17位:君が好きだと叫びたい/BAAD/SLAM DUNK
18位:君の知らない物語/supercell/化物語
19位:メリッサ/ポルノグラフィティ/鋼の錬金術師
20位:創聖のアクエリオン/AKINO/創世のアクエリオン

アーティスト名は、オリジナル版に基づいての記載とのことです。

ますは、10代から30代での調査にもかかわらず、2位にリメイクはされていないタッチが入っていることが目を引きます。それ以外は、やはり長く放送されているもの、リメイクされているものが強い傾向にあるようです。
なお、曲目だけでなく、好きな理由についても併せて質問していたとのことで、以下は『CD&DLでーた』さんがまとめた概要となります。
///////////////////////
総合ランキング1位は、「残酷な天使のテーゼ」(高橋洋子/『新世紀エヴァンゲリオン』OP曲)です。“普通に、歌が格好いい”(18歳・男性)、“全く古さを感じさせない曲展開で気分が高まる”(20歳・女性)、“この曲を聴くとアニメの映像が頭に浮かび上がるほど聴きこんだ”(21歳・男性)、“アニメが好きだったのと、パワフルなボーカルが良い”(31歳・女性)など、多数のコメントが寄せられました。アニメ作品としてのインパクトと楽曲のインパクトが両方あるということで、男女世代を問わず高い得票数となりました。

総合2位は「タッチ」(岩崎良美/『タッチ』OP曲)です。“高校野球の応援で歌った思い出がある”(28歳・女性)、“アニメが大好きだったし、メロディーがカッコいい”(37歳・女性)、“青春時代に見てすごくハマった”(37歳・男性)などのコメントが挙げられました。印象的な曲調と青春の思い出が相まって、30代を中心に、特に女性の得票を多く集めています。

総合3位の「ムーンライト伝説」(DALI/『美少女戦士セーラームーン』OP曲)は、“小さい頃流行った曲。今でも歌えます”(28歳・女性)、“大好きだったアニメ。よくセーラームーンごっこをしていました”(29歳・女性)、“初めてハマったアニメ”(29歳・女性)、“大人っぽくミステリアスな曲調で大好きです”(32歳・女性)など、女性からの圧倒的な支持を集めました。大好きなアニメ作品とその主題歌であることや、『セーラームーン』のごっこ遊びやおもちゃ遊びの体験など、特にリアルタイムでアニメを視聴した世代から、たくさんの思い出が寄せられました。

一方、総合4位「摩訶不思議アドベンチャー」(高橋洋樹/『ドラゴンボール』OP曲)と、総合5位「CHA-LA HEAD-CHA-LA」(影山ヒロノブ/『ドラゴンボールZ』OP曲)は、ともに男性からの支持が大半を占め、“『ドラゴンボール』が始まる、あのワクワク感!”(25歳・男性)、“アニメを毎週楽しみに見ていて、曲も完璧に覚えてよく歌っていた”(34歳・男性)といったコメントが集まりました。

【調査概要】
調査対象 : 全国47都道府県の10代から30代までの男女
回答者数 : 6956人(男性3819人、女性3137人)
調査手法 : 大規模ユーザーリサーチシステム『eb-i』によるインターネット調査
調査期間 : 2016年7月4日~7月5日

【eb-iとは】
『eb-i(Entertainment Business Insight)』は、カドカワ株式会社が週単位で継続して行っている、エンターテイメント分野の消費動向調査です。保有している全国20万モニターから週次で1万超を回収し、エンターテイメント分野の実態を調査・分析しています。

【『CD&DLでーた』について】
創刊29年目となる、“音楽がもっと好きになる”音楽情報誌(奇数月14日発売)。J-POPを中心としたアーティストのロングインタビューやコラムなど、様々なコンテンツを取り扱っています。
次号は2016年9月14日に発売予定です。
////////////////////////
(雑誌の定期購読サイト・マグデリの商品詳細ページへ)

 
なお、20位以降も様々な傾向のタイトルが並ぶ、多様な結果となったそうです。

スポンサードリンク
コメントを残す

CAPTCHA


  • アニメソングの人気ランキングがカドカワより発表に。
  • 四大夏フェスについての調査が、エキサイトより発表されています。
  • 2016年上半期の音楽ライブ観客動員ランキングが、「LiveFans」より発表されています。
  • 2016年度AKB48選抜総選挙(第8回、45thシングル)の開票速報、前年分も含めて
  • JOYSOUNDの2015カラオケ年間ランキングの発表を受けて、近年上位ランクインのアーティストの順位推移をグラフ化してみました。
  • 企業
    マクドナルドの売上高、店舗数推移(2016年まで)、月次データも併せて
    2017年2月14日
  • ヒット商品
    2017年の流行グルメトップ3は「スーパーフード」「甘酒」「チーズタッカルビ」
    2017年11月23日
  • ニュース
    夕刊紙、政党機関紙、宗教紙、産業紙の発行部数について(2016年7月調査)
    2016年7月27日
  • 宗教
    日本の宗教信者は2億人を超えて
    2015年2月22日
  • ニュース
    スポーツ新聞各紙の公称部数ランキング(2016年7月調査版)
    2016年7月7日
  • 21世紀初頭の主要水族館、入場者数推移グラフ 観光スポット
    年間入場者数で、沖縄美ら海水族館が上野動物園を上回る年度も ~21世紀初頭の主要水族館の入場者数推移より~
    2015年6月10日
おすすめの記事