【関連サイトの総合ランキング.netにて、大会別の夏季五輪の国・地域別メダル獲得数ランキングを掲載していますが、当サイトでは国・地域別の獲得メダル推移をグラフ化してご紹介しています。】

【こちらは、夏季オリンピックについての記事となっています。冬季五輪については、こちらの記事をご参照ください】

こちらでは中国、台湾、香港の、2016年に開催されたリオデジャネイロ・オリンピックまでのメダル獲得数推移について、グラフ化してご紹介します。

まずは、金・銀・銅合計での獲得数推移グラフから。

中華人民共和国を「中国」、1949年以前の中国統治時代を含めた中華民国を「台湾」、イギリス領時代から中国への返還後も含めた香港を「香港」としてグラフ化しています。

 

【中国(中華人民共和国)】

中国(中華人民共和国)の夏のオリンピック初参加は、1952年のヘルシンキ大会とのことです。中華人民共和国と中華民国(台湾)両方の参加が認められたものの、中華民国(台湾)はそれに反発する形で不参加という流れとなっています。

1956年以降の大会には、中華民国(台湾)の参加に反発して不参加となり、1984年のロサンゼルス五輪から本格参加となっています。

ch_all

1984年のロサンゼルスオリンピックは、当時の東側諸国がボイコットをしたのですが、中ソ対立以降のソ連との関係悪化したこともあり、参加となっています。本格参戦初回から、メダルランキング4位という好成績となりました。

最多メダル獲得となったのは、開催国となった2008年の北京オリンピックで、32個となっています。

 

【台湾(中華民国→チャイニーズ・タイペイ)】

1932年のロサンゼルスオリンピックが初参加となります。日本との戦争、国民党としての共産党との内戦などを経て、支配地を台湾島などに縮小(1949年頃)して、1971年に中国代表権が中華人民共和国に移され、オリンピックでも国名などの扱いで揉めた経緯もありながらも、1984年以降はチャイニーズ・タイペイとして今日まで参加を継続しています。

tw_all

台湾のメダル獲得数が最多となった大会は、2000年のシドニー五輪と2004年のアテネ五輪で、5個となっています。

 

【香港(英国統治下→中国返還後)】

1952年のヘルシンキオリンピックが初参加でした。夏季の初メダル獲得は1996年のアトランタオリンピックとなります。

hk_all

1996年のアトランタ五輪以降も、2004年のアテネ大会、2012年のロンドン大会でも一つずつメダルを獲得しています。

 

つづいて、獲得数ランキングで最も重要となる金メダルのみの推移グラフとなります。

【中国(中華人民共和国)】

最多金メダル数は、開催国となった2008年の北京オリンピックで51個となっています。北京五輪では、メダルランキングで首位を獲得しています。

ch_gold

 

【台湾(中華民国→チャイニーズ・タイペイ)】

台湾の最初の夏季五輪での金メダル獲得は、2004年のアテネ大会で、どちらもテコンドーでの獲得となっています。その際の二個が、リオデジャネイロ五輪終了時点で過去最多となっています。リオ五輪で獲得した金メダルは、女子重量挙げでの獲得でした。

tw_gold

 

【香港(英国統治下→中国返還後)】

香港の金メダル獲得は、1996年のアトランタ五輪でセーリング競技で獲得したものが最初で、リオ五輪終了時点で、それが唯一の金メダルとなっています。

hk_gold

 

 

中国、台湾、香港の獲得数推移、順位推移は、下記の通りとなっています。年度クリックで、その都市に開催された夏のオリンピックのメダル獲得数ランキングに移動します。なお、メダルを獲得した大会のみの表示で、不参加の大会については非表示となっています。

【中国の夏季オリンピック 大会ごとメダル獲得ランキング】

年度
順位
 メダル数
 開催地
 タイ情報
 備考
 金
 銀
 銅
 合計
3
金:26 / 銀:18 / 銅:26
リオデジャネイロ
26
18
26
70
2
金:38 / 銀:27 / 銅:23
ロンドン
38
27
23
88
1
金:51 / 銀:21 / 銅:28
北京
開催国
51
21
28
100
2
金:32 / 銀:17 / 銅:14
アテネ
32
17
14
63
3
金:28 / 銀:16 / 銅:15
シドニー
28
16
15
59
4
金:16 / 銀:22 / 銅:12
アトランタ
16
22
12
50
4
金:16 / 銀:22 / 銅:16
バルセロナ
16
22
16
54
11
金:5 / 銀:11 / 銅:12
ソウル
5
11
12
28
4
金:15 / 銀:8 / 銅:9
ロサンゼルス
15
8
9
32
 出典:IOC公式サイト、wikipedia(日本版)

【台湾の夏季オリンピック 大会ごとメダル獲得ランキング】

年度
順位
 メダル数
 開催地
 タイ情報
 備考
 金
 銀
 銅
 合計
50
金:1 / 銀:0 / 銅:2
リオデジャネイロ
1
0
2
3
68
金:0 / 銀:1 / 銅:1
ロンドン
63位タイ
0
1
1
2
79
金:0 / 銀:0 / 銅:4
北京
0
0
4
4
31
金:2 / 銀:2 / 銅:1
アテネ
2
2
1
5
58
金:0 / 銀:1 / 銅:4
シドニー
58位タイ
0
1
4
5
63
金:0 / 銀:1 / 銅:0
アトランタ
61位タイ
0
1
0
1
49
金:0 / 銀:1 / 銅:0
バルセロナ
49位タイ
0
1
0
1
44
金:0 / 銀:0 / 銅:1
ロサンゼルス
43位タイ
0
0
1
1
 出典:IOC公式サイト、wikipedia(日本版)

【香港の夏季オリンピック 大会ごとメダル獲得ランキング】

年度
順位
 メダル数
 開催地
 タイ情報
 備考
 金
 銀
 銅
 合計
81
金:0 / 銀:0 / 銅:1
ロンドン
79位タイ
0
0
1
1
65
金:0 / 銀:1 / 銅:0
アテネ
65位タイ
0
1
0
1
52
金:1 / 銀:0 / 銅:0
アトランタ
49位タイ
1
0
0
1
 出典:IOC公式サイト、wikipedia(日本版)
スポンサードリンク
コメントを残す

CAPTCHA


  • 北朝鮮の冬のオリンピックでのメダル獲得数推移グラフ 【2014年ソチ・オリンピックまで】
  • 韓国の冬のオリンピックでのメダル獲得数推移グラフ 【2014年ソチ・オリンピックまで】
  • アメリカ合衆国の冬のオリンピックでのメダル獲得数推移グラフ 【2014年ソチ・オリンピックまで】
  • 中国の冬のオリンピックでのメダル獲得数推移グラフ 【2014年ソチ・オリンピックまで】
  • ロシア(ソ連など)の冬のオリンピックでのメダル獲得数推移グラフ 【2014年ソチ・オリンピックまで】
  • イギリスの冬のオリンピックでのメダル獲得数推移グラフ 【2014年ソチ・オリンピックまで】
  • ニュース
    夕刊紙、政党機関紙、宗教紙、産業紙の発行部数について(2016年7月調査)
    2016年7月27日
  • ヒット商品
    2017年の流行グルメトップ3は「スーパーフード」「甘酒」「チーズタッカルビ」
    2017年11月23日
  • 21世紀初頭の主要水族館、入場者数推移グラフ 観光スポット
    年間入場者数で、沖縄美ら海水族館が上野動物園を上回る年度も ~21世紀初頭の主要水族館の入場者数推移より~
    2015年6月10日
  • ニュース
    スポーツ新聞各紙の公称部数ランキング(2016年7月調査版)
    2016年7月7日
  • 宗教
    日本の宗教信者は2億人を超えて
    2015年2月22日
  • 企業
    マクドナルドの売上高、店舗数推移(2016年まで)、月次データも併せて
    2017年2月14日
おすすめの記事