日本で最も多くの信者を抱える宗教団体は、神社本庁になります。神社本庁とは、日本の90%超の神社を束ねる団体で、その信者数は2012年12月末で90,255,682人となるそうです。
9千万人とは、日本の総人口の70%ほどになります。みなさまの周囲にいらっしゃる方の7割に、神道を信じていらっしゃる自覚があるか……、その点は、疑問視される方が多そうです。

歴史的に見ますと、戦前の時代には、国家神道として国家体制と緊密な結びつきがあり、宗教ではない存在(むしろ道徳的なもの)として扱われていたそうです。そのため、信者数という概念にはなじまなかったものと思われます。

戦争に敗れ、GHQによって国家神道体制が否定され、神祇院が廃止されたのを受け、民間団体の皇典講究所、大日本神祇会、神宮奉斎会を母体にする形で成立したのが神社本庁となります。
戦後間もない1949年の年末時点では、信者数は42,385,184人で、これは総人口の81,773,000人の51.8%にあたります。

その後の、2012年までの推移については、グラフにしてみています。
神社本庁_総人口と信者数の推移

神社本庁_信者率推移

振幅はありますが、1990年代以降は70%台前半で安定している形となります。

この数値、おそらく各神社の申告を積み上げているものと思いますが、その算出の手法としては、地域住民全体を氏子と考える場合や、初詣に訪れた概算人数とされる場合もあるとのこと。
そうなりますと、7割という数字が出てくるのも、不思議でないと云えそうです。

一方で、一般に「神社の信者」と考えますと、祭事などの際に取りまとめをやる人たち、という印象があるかもしれません。ですが、初詣に行ったり、お祭りに参加したりすれば、それはもう信者である、という考え方もありそうです。

そのような見方をしますと、初詣には神社に行き、親族で不幸があった際には仏式の法要に参加し、結婚する際には教会式で……と数えていくと、一人でいくつもの宗教を信じているが多い、というのが適切な見方となるかもしれません。

そのあたりについては、別稿となります「日本の宗教信者は2億人を超えて」でも触れておりますので、よろしければご参照ください。

関連ランキング:

スポンサードリンク
コメントを残す

CAPTCHA


宗教, 社会の関連記事
  • 日本の宗教信者は2億人を超えて
  • 日本の総人口に占める、神社本庁の信者比率
  • 仏教の主な宗派の本山
  • 霊友会系教団の規模感について
  • ニュース
    夕刊紙、政党機関紙、宗教紙、産業紙の発行部数について(2016年7月調査)
    2016年7月27日
  • ヒット商品
    2017年の流行グルメトップ3は「スーパーフード」「甘酒」「チーズタッカルビ」
    2017年11月23日
  • 21世紀初頭の主要水族館、入場者数推移グラフ 観光スポット
    年間入場者数で、沖縄美ら海水族館が上野動物園を上回る年度も ~21世紀初頭の主要水族館の入場者数推移より~
    2015年6月10日
  • 宗教
    日本の宗教信者は2億人を超えて
    2015年2月22日
  • ニュース
    スポーツ新聞各紙の公称部数ランキング(2016年7月調査版)
    2016年7月7日
  • 企業
    マクドナルドの売上高、店舗数推移(2016年まで)、月次データも併せて
    2017年2月14日
おすすめの記事