こちらは、YahooとGoogleでの年間検索ランキングの上位の言葉の推移をグラフ化し、分析を試みようという記事になります。

Yahoo、Googleではそれぞれ、年間の検索語句ランキングを順位のみの形式で発表していますので、そちらを基資料として使用しています。

まずは、Yahooについて、2001年からの2位以内にランクインした経験のある語句を、推移グラフにしてみました。

yahoo

2002年から2005年までは、「2ちゃんねる」がトップに立ち、入れ替わるように
2006年、2007年は「mixi」が1位にランクインする形となります。
その後、2008年には「YouTube」が首位となり、2014年時点までキープしている形となっています。
その他に顔を出しているのは、「Google」「Amazon」「Facebook」
などで、それぞれの栄枯盛衰が垣間見えます。
一方のGoogleでの検索度数ランキング上位は、2005年以降からしか入手できていないのですが、下図のようになっています。Yahooとの比較のために、Yahooで2位以内のランクイン経験のある語句を抽出しています。

google

2007年以降の8年のうち、2010年を除く7年で首位に立っているのが「Yahoo」となっています。
検索サイトとしての両社は、2010年までは同じ語句を検索した場合、表示されるサイトは大きく違っていました。これは、それぞれが開発した検索技術を使っていたためなのですが、2011年からはYahooはGoogleの検索技術を採用し、それ以降はどちらで検索しても、ほぼ同じ結果が表示されるようになっています。(2015年夏現在)

そう考えますと、Googleを基本の検索サイトとして使っていて、Yahooではどうなっているかも検索したいという流れで、「Yahoo」という語句を検索する必要性は、2011年以降はなくなっていると思われます。その話が周知されていく期間を考えますと、それ以外の用途の、Yahooニュースや、Yahooの提供する各種ネットサービスを利用するための検索だけでも、首位を保つほどの回数があるということなのでしょう。

なお、2005年のGoogle検索での首位は「電車男」で、2006年は「地図」となっていまして、2007年以降とだいぶようすが異なっていることから、もしかすると2006年以前と2007年からで、集計方法が変更になっているのかもしれません。
あまり分析というほどに深まりませんでしたが、ひとまずは21世紀初頭の検索動向ということで、まとめておきたいと思います。

なお、関連サイトの「総合ランキング.net」にて、Google、Yahooの総合的な検索ランキングの他、Yahooが発表している、人名、テレビ関連などのジャンル別検索ランキングも、各語句の個別推移を含めて掲載しております。よろしければ、ご参照くださいませ。

【年間検索ワードランキング】/総合ランキング.net

スポンサードリンク
コメントを残す

CAPTCHA


  • 中学生の2017年 流行語ランキング 首位は男女とも「それな」 ~スプリックス調べ~
  • 流行語ノミネートの30語での「ツイッターでつぶやかれたランキング」が発表に ~ホットリンク調べ、2017年版~
  • 2017年10月の「バイトル」フリーワード検索ランキングが発表に
  • 10代女子が選ぶトレンドランキングが、マイナビティーンズより発表
  • 2016/8/14-8/20のツイッター検索ワードランキングが発表に
  • 21世紀初頭のYahoo、Googleでの検索語句ランキング上位の推移
  • 21世紀初頭の主要水族館、入場者数推移グラフ 観光スポット
    年間入場者数で、沖縄美ら海水族館が上野動物園を上回る年度も ~21世紀初頭の主要水族館の入場者数推移より~
    2015年6月10日
  • 企業
    マクドナルドの売上高、店舗数推移(2016年まで)、月次データも併せて
    2017年2月14日
  • ニュース
    夕刊紙、政党機関紙、宗教紙、産業紙の発行部数について(2016年7月調査)
    2016年7月27日
  • ヒット商品
    2017年の流行グルメトップ3は「スーパーフード」「甘酒」「チーズタッカルビ」
    2017年11月23日
  • 宗教
    日本の宗教信者は2億人を超えて
    2015年2月22日
  • ニュース
    スポーツ新聞各紙の公称部数ランキング(2016年7月調査版)
    2016年7月7日
おすすめの記事